明日の為替相場見通し=7~9月期GDPなど注目

みんなの株式 2017年11月14日(火)18時01分配信

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、欧州中央銀行(ECB)での要人発言や日本の国内総生産(GDP)などが注目されそうだ。予想レンジは1ドル=113円50~114円50銭。  この日は、欧州時間に入りドイツの7~9月期GDPが予想を上回ったことが買い手掛かりとなり113円90銭台までドルが上昇する場面があった。このなか、あすにかけ114円ラインを突破し上値を追えるかが注目される。今晩はイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長とドラギECB総裁、黒田日銀総裁が出席するECBの討論会が予定されており、その内容が市場の関心を集めている。また、米10月卸売物価指数も発表される。あすは国内では7~9月期GDPの発表がある。市場では前期比年率1.5%成長が予想されている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)18時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。