ジンズの11月既存店売上高は2カ月ぶりに前年実績を上回る

みんなの株式 2017年12月05日(火)16時48分配信

 ジンズ<3046>がこの日の取引終了後、11月度の月次売上状況(速報)を発表しており、既存店売上高は前年同月比1.3%増と2カ月ぶりに前年実績を上回った。  10月26日に発売した元ピチカート・ファイヴの野宮真貴さんがプロデュースしたスタイリッシュなリーディンググラス「BIJIN READING GLASSES」や11月9日に発売したムーミンシリーズを取り入れた「MOOMIN×JINS」といったコラボレート商品が売り上げを牽引。また、10月下旬から実施していたまとめ買いセールなどで販売本数が好調に推移したことも寄与した。なお、全店売上高は同5.2%増だった。  同時に、フィリピンにおける事業展開の可能性を検討するため、現地小売大手のスエン・コーポレーションと事業展開に向けた覚書を締結したと発表した。フィリピンにおいてジンズブランドの商品を販売するポップアップストアを開設するとともに、製品の供給・販売などのフィリピンにおけるビジネスモデルの可能性の検討、さらに両社間の役割についての検討を推進するとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)16時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。