キタックがカイ気配、18年10月期業績は営業8%増益見通しを好感

みんなの株式 2017年12月05日(火)09時07分配信

 キタック<4707>は大口の買い注文が入りカイ気配でスタートした。同社は新潟を地盤とする建設コンサルタントで地質調査を主力に橋梁設計なども手掛けている。4日取引終了後に発表した18年10月期の単独業績予想は、売上高が25億7800万円(前期比4.3%増)、営業利益は2億2400万円(同7.8%増)、最終利益は1億5500万円(同6.1%増)と増収増益を見込んでおり、これが材料視された。PER12倍近辺でPBR0.8倍台と指標面からも割安で、信用買い残も枯れた状態にあることから買い人気を助長している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)09時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。