東京株式(前引け)=続落、米ロシアゲート問題を底流にリスク回避

みんなの株式 2017年12月05日(火)11時45分配信

 5日前引けの日経平均株価<.N225>は前日比95円55銭安の2万2611円61銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は7億1179万株、売買代金概算は1兆2635億8000万円。値上がり銘柄数は727、対して値下がり銘柄数は1220、変わらずは94銘柄だった。  きょう前場の東京株式市場は売り優勢の展開となり、日経平均株価<.N225>は一時2万2500円台前半まで水準を切り下げる場面があった。前日の米国株市場でNYダウは最高値を更新したものの、ハイテク株が売られた流れを嫌気して、主力の電機・精密株などが売られ全体相場を押し下げた。米トランプ政権の「ロシアゲート」問題に絡む政局への影響を懸念するムードが拭えない。ただ、下値では押し目買いが入り売り一巡後は下げ幅を縮小している。  個別では断トツの売買代金をこなした任天堂<7974>が大きく売りに押されたほか、東京エレクトロン<8035>信越化学工業<4063>など半導体関連が値を下げた。ジーンズメイト<7448>が急反落、オハラ<5218>も利食われた。石川製作所<6208>も安い。半面、ファーストリテイリング<9983>がしっかり、コマツ<6301>も堅調。新日鉄住金<5401>など鉄鋼株の強さも目立つ。北の達人コーポレーション<2930>ミクニ<7247>なども値を飛ばした。ピジョン<7956>も物色人気を集めている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)11時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。