エスプール続伸、中国市場の特性に合わせた越境EC支援サービスを開始

みんなの株式 2017年12月05日(火)09時29分配信

 エスプール<2471>が続伸している。4日の取引終了後、中国国内でECプロモーションや越境ECコンサルティングを行う上海潤世企業営銷管理(上海市)と業務提携契約を締結し、中国市場の特性に合わせた越境EC支援サービスを開始したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。  今回の提携では、中国で売り上げの拡大を目指す通販企業に対して、マーケティングから受注・決済・海外発送手続き・返品対応など、越境ECに必要な業務を中国市場の特性に合わせた形で総合的に支援するのが狙い。これにより、初年度で50社の受注を目指すという。また、あわせて中国の通販企業を対象とした日本向けの越境EC支援サービスも開始するとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)09時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。