大東建託は後場一段高で上場来高値、11月度の建設事業受注高9.4%増で2カ月連続プラス

みんなの株式 2017年12月05日(火)14時40分配信

 大東建託<1878>は後場に入って一段高で上場来高値を更新。同社は4日、11月度の月次業績速報を公表。建設事業の受注高が533億6300万円(前年同月比9.4%増)となり、2カ月連続で前年実績を上回ったことが買い安心感につながっているようだ。  また、不動産事業では入居者斡旋件数が2万686件(同10.9%増)に伸長。家賃ベース入居率は、居住用と事務用をあわせ96.43%(前年同月と変わらず)となっている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)14時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。