EAJは小幅反発、「沖縄観光における医療通訳研修及び登録業務」を受託

みんなの株式 2017年12月05日(火)09時52分配信
 日本エマージェンシーアシスタンス<6063>が小幅反発している。4日の取引終了後、沖縄観光コンベンションビューロー(沖縄県那覇市)から、インバウンド対応緊急医療体制整備事業「沖縄観光における医療通訳研修及び登録業務」を受託したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。  同事業は、沖縄21世紀ビジョンで目標とする、世界水準の観光リゾート地の実現に向けて、外国人観光客の緊急医療発生時に、医療通訳ができる人材の育成を図るのが狙い。また、沖縄県内通訳者リストの作成や、今後の活用方法を検討する研修なども実施する。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)09時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。