東京株式(寄り付き)=米ナスダック安を受け、売り先行で始まる

みんなの株式 2017年12月05日(火)09時04分配信

 5日の東京株式市場は売り先行、寄り付きの日経平均株価<.N225>は前日比111円安の2万2595円と続落。  前日の米国株市場ではNYダウが58ドル高と反発し最高値を更新したが、一方でハイテク株比率の高いナスダック指数は安く、これを受けて電機セクターなど主力輸出株には向かい風の強い地合いとなっている。為替が足もと円高方向に振れていることもマイナスに作用している。ただ、下値では日銀<8301>のETF買いや、出遅れた国内機関投資家の押し目買いなどが予想され、下げ幅は限定的になるとの見方も強い。  寄り付き時点で業種別では33業種中、12業種が高く、値上がり上位は鉄鋼、食料品、小売、紙パルプ、その他金融など。値下がりで目立つのは精密機器、電機機器、その他製品など。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)09時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。