明日の株式相場見通し=自律反発期待の押し目買い優勢、内需株物色は継続

みんなの株式 2017年12月05日(火)17時37分配信

 あす(6日)の東京株式市場は、週初からの2日続落の後を受けて、自律反発期待の押し目買いが優勢となりそうだ。日経平均株価<.N225>は、売り買いが拮抗するなかで、強含みの推移が想定される。半導体関連など値がさハイテク銘柄への売りが縮小傾向となれば、全般下げ止まりの機運も浮上する。  市場関係者からは「きょうは、日経225種採用値がさハイテク株の東京エレクトロン<8035>ファナック<6954>日東電工<6988>信越化学工業<4063>京セラ<6971>の5銘柄で日経平均株価<.N225>を86円分押し下げた。東証株価指数(TOPIX)は、前日比4.10ポイント高の1790.97と反発し、東証業種別指数では33業種の3分の2に当たる22業種が前日比プラスで引け、海運、鉄鋼、陸運、建設などの内需系銘柄に物色の矛先が向いている」との見方が出ていた。  5日の東京株式市場は、主力株に売りが出て日経平均株価<.N225>は続落。ただ、電機セクターの下げが目立つほかは買い気が強く、売り一巡後は戻り足をみせた。日経平均株価<.N225>終値は、前日比84円78銭安の2万2622円38銭と続落した。  日程面では、4日時点の給油所の石油製品価格、11月の車名別新車販売台数、11月の輸入車販売台数に注目。海外では11月のADP全米雇用リポートが焦点となる。(冨田康夫) 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月05日(火)17時37分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。