亀田菓が後場マイナスに転じる、独立調査委員会からの調査報告書受領を延期

みんなの株式 2017年12月06日(水)13時47分配信

 亀田製菓<2220>が後場マイナスに転じている。地合いの軟化に加えて、午後1時ごろに独立調査委員会の調査報告書受領を延期すると発表しており、これを嫌気した売りが出ているようだ。  タイ子会社で、棚卸資産の在庫金額が過大に計上されていることが判明。これを受けて今年10月31日に独立調査委員会を設置し、11月末をメドに同委員会の調査結果が報告される予定だったが、調査範囲の拡大と、それに伴う影響額の確定に時間を要していることから、受領を延期するとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)13時47分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。