ユニオンツールは全体波乱相場の間隙を縫って上昇、超硬ドリル好調で再増額観測

みんなの株式 2017年12月06日(水)14時29分配信

 ユニオンツール<6278>が反発。全体相場は日経平均株価<.N225>が一時500円安と暴落、主力株はリスク回避の売りにさらされているが、中小型株の一角には消去法的に物色資金が向かっている。  同社は超硬ドリルの大手メーカーだが、発行株数2000万株台と小型で浮動株が全株式に占める割合も低く、売り圧力は限定的となっている。データセンター増設に伴う半導体需要の盛り上がりなどを背景にプリント配線板向け超硬ドリルが好調に推移している。17年12月期営業利益を34億円から37億円(前期比21.4%増)に上方修正したが、市場では一段の上振れを見込む声が強い。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)14時29分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。