CRIミドルは大幅反発、話題の中国発スマホゲームに「CRIWARE」が採用

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時12分配信

 CRI・ミドルウェア<3698>は大幅反発。この日、ゲーム開発用ミドルウェア「CRIWARE(シーアールアイウェア)」が、中国の大手ゲームパブリッシャー「NetEase(ネットイーズ)」が提供するスマートフォンゲーム「萌王EX」と、中国発のヒットタイトルで日本ではYostarが配信する「アズールレーン」に採用されたと発表しており、これを好感した買いが入っている。  「萌王EX」と「アズールレーン」は、どちらも中国・日本の両国で話題となっているタイトル。CRI<3698>では、これらのタイトルにサウンドミドルウェアを提供し、声優のボイスやBGM、効果音など、タイトルの魅力を向上する豊かなサウンド演出をサポートしているという。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。