6日の株式相場見通し=米株安を受け売り先行のスタートに

みんなの株式 2017年12月06日(水)08時39分配信
 6日の東京株式市場は、前日の米株式市場で、NYダウ平均株価が反落したことから売り先行のスタートとなりそうだ。6日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=112円50銭台での推移となっている。  5日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比109.41ドル安の2万4180.64ドルと反落した。米税制改革の行方を見極めたいとのムードが強まり、これまで買い進まれてきた金融株などに利益確定の売りが出た。さらに、前日大幅高したウォルト・ディズニーが反落したことが指数を押し下げた。スダック総合株価指数は、前日比13.153ポイント安の6762.213と3日続落した。  日程面では、4日時点の給油所の石油製品価格、11月の車名別新車販売台数、11月の輸入車販売台数に注目。海外では、欧州委員会がユーロ改革で新提案、11月のADP全米雇用リポートが焦点となる。(冨田康夫) 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)08時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。