コックスは小動き、11月度既存店売上高は9カ月連続で前年下回るも反応限定的

みんなの株式 2017年12月06日(水)09時46分配信
 コックス<9876>は小動きとなっている。5日の取引終了後に発表した11月度の月次売上高で、既存店売上高が前年同月比3.5%減と9カ月連続で前年実績を下回ったが、市場の反応は限定的のようだ。  月前半に、前年に比べて気温が高く推移した影響で苦戦した。後半に入り、気温の低下とともに冬物商品の動きが活性化し売上高は上向きに転じたが、前半の苦戦をカバーするには至らなかった。商品別では、メンズはアウター、カットソー、レディスはブラウス、ボトムスが堅調。また、ファッショングッズはメンズ、レディスともにマフラーが好調に推移した。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)09時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。