東エレク、SUMCOなど切り返す、米半導体株安の一服受けて押し目買い◇

みんなの株式 2017年12月06日(水)11時05分配信

 東京エレクトロン<8035>SUMCO<3436>など半導体関連株が押し目買いに切り返している。  前日の米国株市場ではNYダウは100ドルを超える下げをみせたが、エヌビディアやザイリンクスなどここまで売られていた半導体関連株には高くなる銘柄が多く、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も小幅ながら反発に転じた。これを受けて、東京市場でも半導体関連株への売り圧力が一服し下げ止まる動きをみせている。東エレク<8035>は11月27日以降大幅な調整を入れたとはいえ、時価は13週移動平均線を下回っておらず、現状は中期上昇トレンドを維持している。また、SUMCO<3436>については現時点で13週移動平均線を18%も上方カイ離しており、上値指向の強さを映している。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)11時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。