KLabが4日ぶり反発、「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」グローバル版の配信開始

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時32分配信
 KLab<3656>が4日ぶりに反発している。5日の取引終了後、「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のグローバル版「Captain Tsubasa: Dream Team」を同日付で、135以上の国と地域に向けて配信を開始したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。  同タイトルは、世界中で愛されている「キャプテン翼」を題材にした対戦型サッカーシミュレーションゲームで、大空翼や岬太郎、日向小次郎などおなじみのキャラクターを自ら育成し、自分だけのドリームチームで、AIもしくは友だちや全世界のプレイヤーとオンラインで対戦する。なお、グローバル版は6言語にローカライズされ、世界中のプレイヤーのために英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、繁体字中国語の言語対応を提供している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。