「AIスピーカー」関連の人気継続、ソニーから12月9日発売控え関心高まる<注目テーマ>

みんなの株式 2017年12月06日(水)12時20分配信

★人気テーマ・ベスト10 1 全固体電池 2 量子コンピューター 3 人工知能 4 人材派遣 5 元号関連 6 半導体製造装置 7 防衛 8 電気自動車関連 9 仮想通貨 10 技術者派遣  みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「AIスピーカー」が18位と根強い人気を保っている。  アマゾンやグーグルなど先行する米国勢に加えて、10月にLINE<3938>が「Clova WAVE(クローバウェーブ)」を発売し、国内でも市場が立ち上がって来た感のあるAIスピーカーだが、今月9日にソニー<6758>がGoogleアシスタント搭載のAIスピーカー「LF-S50G」を投入する予定であり、これを控えて市場でもAIスピーカーの関心が高まっている。日本経済新聞が発表した2017年の日経MJヒット商品番付でも、「AIスピーカー」は「西の大関」とされ、「近い将来、家庭の中心に置いて家電制御やエンターテインメント機能の入り口となるデバイスに育つと目されている」(6日付の日本経済新聞)と紹介されており、年末商戦でも話題を呼びそうだ。  この日は、前日の米株式市場の下落や、為替市場での円高・ドル安基調などを背景に、輸出関連株を中心に値下がりするものが多く、ソニー<6758>は軟調な展開だが、LINE<3938>はしっかり。また、そのLINE<3938>の音楽サービス向けにレコメンドサービスを提供し、AIスピーカーへの注力を打ち出しているソケッツ<3634>は大幅続伸となっている。音声認識のアドバンスト・メディア<3773>も軟調地合いにあってしっかりで、関連銘柄には引き続き注目が必要だろう。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)12時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。