アンリツが反発、国内有力証券が新規「オーバーウエート」でカバレッジ開始

みんなの株式 2017年12月06日(水)14時00分配信

 アンリツ<6754>が反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー<6923>証券が5日付で、投資判断を新規に「オーバーウエート」、目標株価1400円でカバレッジを開始しており、これを好材料視した買いが入っているようだ。  同証券では、LTE-A Pro・5G用のモバイル向け計測器の需要立ち上がりの本格化や、IoT・車載向け計測器の需要増加などにより、19年3月期以降、営業利益が急回復すると予想。18年3月期の営業利益予想を43億円(会社予想44億円)、19年3月期を同72億円、20年3月期を同92億円と見込んでおり、足もとの株価はこれらの成長を十分に織り込んでいないと指摘している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)14時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。