東芝が波乱相場のなかで買い優勢、増資完了で上場廃止懸念から解放

みんなの株式 2017年12月06日(水)12時50分配信

 東芝<6502>が全般波乱相場のなかで買い優勢で異彩を放っている。11月中旬以降200円台後半でもみ合いを続けてきたが、足もとは売りをこなし浮上の兆しをみせている。5日取引終了後に第三者割当増資の払い込み完了を発表、約6000億円の資本増強を果たしたことで、債務超過が解消した。18年3月末時点で2期連続の債務超過となった場合の上場廃止のケースも考えられていただけに、これを回避できる格好となったことから買い安心感が台頭した。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)12時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。