シーティーエスが一時13%安と急落、自己株処分による需給悪化を懸念

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時54分配信
 シーティーエス<4345>が急落。株価は一時、前日に比べ13%安に売られた。5日の取引終了後、自己株処分を発表しており、需給悪化を懸念した売りが膨らんだ。300万株の公募による自己株式とオーバーアロットメントによる上限45万株の売り出しを実施する。これに伴う調達金額は約32億円で、準天頂衛星システム「みちびき」を利用した測量に対応するための自社システムのソフトウェア<3733>開発にかかる設備投資などに充てる。処分価格は13日から18日のいずれかの日に決定する。同時に発行済み株式総数の3.1%に相当する140万株の自己株式を消却すると発表した。消却予定日は18年1月31日。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時54分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。