TDKが5日ぶり反発、来期営業益は4割増の1200億円見通しと報じられる

みんなの株式 2017年12月06日(水)09時56分配信

 TDK<6762>が5日ぶりに反発している。きょう付の日本経済新聞で「2019年3月期は、連結営業利益(米国会計基準)が今期予想比4割増の1200億円前後になりそうだ」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。  記事によると、米アップルや中国のスマホメーカー向けの需要旺盛を受けて、スマホ用2次電池が伸びるほか、買収した米センサー会社のインベンセンスが黒字になり、利益押し上げに貢献するとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)09時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。