セブン銀行が反落、国内大手証券が目標株価を引き下げ

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時13分配信

 セブン銀行<8410>が反落している。SMBC日興証券が5日付で、投資評価「2」を継続しつつ、目標株価を440円から395円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。  同証券では、直近の業績動向や本邦決済市場の緩やかなキャッシュレス化、銀行カードローン自主規制強化などを反映し、19年3月期純利益予想を284億円から286億円へ小幅に上方修正した一方、20年3月期を同310億円から303億円へ下方修正している。また、預貯金金融機関を中心にATM総利用件数モメンタムがさらに鈍化する可能性が高いことや、新ATM利用スタイルや決済・口座関連収益(特にカードローン、デビットカード)の拡大に不透明感が残る点から、依然、明確なリバウンドは期待しにくいとしている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。