住友鉱が下落、LME銅価格の急落が引き金に

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時24分配信

 住友金属鉱山<5713>が一時156円安と大きく値を下げた。世界景気の回復を背景に上昇を続けていた非鉄市況だが、足もとはその反動が見え始めた。  LME銅価格は10月中旬に1トン当たり7134.5ドルまで上昇したが、11月下旬を境に下落基調に転じている。前日は283ドル安と急落して6543ドルまで水準を切り下げており、同社株をはじめ非鉄セクターはこれに連動する形で売られている。非鉄市況の下落が続けば収益面でデメリットが生じるとの思惑が株価にネガティブに働いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。