<注目銘柄>=ラウンドワン、既存店好調で再上方修正の可能性大

みんなの株式 2017年12月06日(水)10時00分配信

 ラウンドワン<4680>は、業績拡大期待を背景に、2000円台での活躍が期待できる。  同社は、ボウリングやゲーム機器、カラオケ、各種スポーツなどが楽しめる屋内型複合レジャー施設の大手。足もとは「大人1名に対して小学生以下1名無料キャンペーン(12月1日から小中学生1名無料)」の継続的実施や、最新ゲーム機種や最新アイテムの導入などを積極的に行ったことが奏功し、既存店売上高が好調。10月まで既存店売上高は5カ月連続で前年実績を上回っている。  これを受けて、同社は上期業績発表時に18年3月期の連結業績予想を経常利益67億円から76億7400万円(前期比31%増)へ上方修正したが、上期の上振れ分を上乗せしただけであり、再上方修正の可能性は大きい。  今後も米国への積極出店をこなしながら、国内既存店売上高の堅調を牽引役とする業績拡大が続くとみられており、19年3月期経常利益を98億円と見込む調査機関もある。(仁) 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月06日(水)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。