邦チタニウムは大幅反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ

みんなの株式 2017年12月07日(木)14時39分配信

 東邦チタニウム<5727>が大幅反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー<6923>証券が6日付で、投資判断「ニュートラル」を継続しつつ、目標株価を860円から1030円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。  同証券によると、株式市場がチタン<4098>銘柄に期待することは「需給ひっ迫によるスポンジ価格上昇に伴う収益性改善」だが、現状は需給環境に大きな変化は見られず、市場の期待値を満たすには時間を要すると指摘。一方で、国内市場の堅調や、航空機向けの在庫調整一巡、MLCC(積層セラミックコンデンサ)向けNi微粒粉の堅調などで、18年3月期の営業利益予想を24億円から29億円へ、19年3期を同43億円から51億円へ、20年3月期を同24億円から29億円へ上方修正している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)14時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。