アドバンテが5日ぶり反発、米半導体株安一服し半導体テスター好調で押し目買い誘導

みんなの株式 2017年12月07日(木)09時07分配信

 アドバンテスト<6857>が5日ぶり反発に転じた。ここ米国株市場での半導体関連株安に連鎖して東京市場でも製造装置や関連素材メーカーなどに売りがかさんでいたが、前日は半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数が続伸するなど、直近は切り返す動きをみせており、この流れが東京市場にも波及している。  そのなか、同社株は半導体テスターの需要が好調に推移し先行き見通しも良好で、7日付の日本経済新聞では「(同社が)19年3月期の連結営業利益を200億円程度と、今期予想に比べ1割増やす方針」であることを伝えている。11年ぶりにリーマン・ショック前の水準に戻る見通しであることから、これが株高を後押しする格好となった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)09時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。