エヌエフ回路、YKTなど量子コンピューター関連が急騰、国策テーマ背景に中小型株人気を先導◇

みんなの株式 2017年12月07日(木)14時45分配信

 エヌエフ回路設計ブロック<6864>が一時426円高の2829円と急騰したほか、YKT<2693>も61円高の638円まで上値を伸ばす場面があった。日経平均株価<.N225>は前日の下げから立ち直り切り返しに転じているが、それに歩調を合わせてジャスダックやマザーズ市場など新興市場もリバウンド局面に移行している。市場では「来週12日からIPOラッシュとなることもあって、個人投資家の視線は再び新興系銘柄に向かいそうだ。そのなかエヌエフ回路やYKT<2693>など量子コンピューター関連は、その前哨戦ともいえる動きに乗っている」(準大手証券)という。  11月下旬にNTT<9432>や国立情報学研究所が、量子コンピューターの試作機を開発しネット経由で研究者に開放したことは、マーケットでも驚きをもって受け止められ、関連株は国策テーマの位置づけで再び動兆。そのなか、シンボルストックともいえるエヌエフ回路は、量子コンピューター向けに世界最高レベルの信号増幅装置を提供しているとの思惑が買いの根拠となっている。また、YKT<2693>は輸入販売を手掛ける完全子会社のサンインスツルメントが、レーザー微細加工システムや世界最高水準のローノイズRFランプなどを扱っており、これらは研究機関や大学向けなどで、量子コンピューターの研究開発にも使用されているとみられ、株価を大化けさせた経緯がある。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)14時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。