スシローGHDは3日ぶり急反発、国内大手証券では「買い」へ引き上げ◇

みんなの株式 2017年12月07日(木)11時00分配信

 スシローグローバルホールディングス<3563>が3日ぶりに急反発し上場来高値を更新。みずほ証券は6日、同社株の投資判断を「中立」から「買い」へ引き上げた。目標株価は3700円から4800円に見直した。  注目ポイントとして、(1)既存店売上高が弱含むなかでも、17年9月期会社利益計画を超過達成した高いコストコントロール力、(2)寄生虫アニサキスによる食中毒の各種報道の影響が収束に向かい18年9月期は、既存店売上高の反動増が見込めること、(3)資本業務提携した鮮魚流通ベンチャーであるCSN地方創生ネットワークとの天然魚プロジェクトにより商品力の向上が見込めること、などが挙げられている。また同社が18年中にゼンショーホールディングス<7550>傘下の「はま寿司」を抜き、店舗数においても回転すし業界トップとなる可能性がある点にも注目している。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。