国際帝石など資源関連株が軟調、WTI原油価格急落の影響受ける◇

みんなの株式 2017年12月07日(木)09時17分配信

 国際石油開発帝石<1605>日本海洋掘削<1606>石油資源開発<1662>など資源開発関連株は全体相場が急反発に転じるなかも総じて売りに押されている。米エネルギー情報局が発表した週間在庫統計で原油在庫は減少したもののガソリン在庫が急増、米国の産油量が日量970万バレルと史上最高水準に迫ったことなどが嫌気され、前日のWTI原油先物価格は1ドル66セント安の1バレル=55ドル96セントと急落、これが株価にネガティブに働いている。 (注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年12月07日(木)09時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。