東証主体別売買動向・1月第1週、外国人は4851億円と大幅買い越し

みんなの株式 2018年01月12日(金)16時57分配信
 東京証券取引所が12日発表した1月第1週(1月4~5日)の投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場、1、2部など)は、海外投資家が4851億31万円と2週ぶりに大幅買い越しとなった。前週は22億997万円の売り越しだった。個人投資家は5746億1302万円と7週連続の売り越し。信託銀行は35億7512万円と2週ぶりの買い越し。投信は431億8068万円と8週連続の買い越しとなった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)16時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。