松屋が大幅続伸、百貨店事業が好調で第3四半期営業益3.2倍

みんなの株式 2018年01月12日(金)10時13分配信

 松屋<8237>が大幅続伸となっている。同社は11日取引終了後に、18年2月期第3四半期累計(17年3~11月)の連結決算を発表。営業利益は10億4100万円(前年同期比3.2倍)で着地し、大幅な増益となったことが好感されているようだ。  売上高は647億8600万円(同4.9%増)となった。円安株高による富裕層の高額消費の回復基調や訪日外国人の消費が再び勢いを取り戻しつつあるなか、主力の百貨店事業が好調だった。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)10時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。