午前:債券サマリー 先物は小幅続伸、40年債入札を前に方向感欠く

みんなの株式 2018年01月12日(金)11時38分配信
 12日午前の債券市場で、先物中心限月3月限は小幅続伸。この日に実施される40年債入札を前に、方向感に欠ける相場展開となった。  11日の米長期債相場は30年債入札が好調だったことを手掛かりに上昇したが、東京市場の反応は限定的だった。債券先物は朝方こそ40年債入札への警戒感から弱含む場面もみられたが、日経平均株価<.N225>の上値が重くなるにつれ持ち直す動きとなった。  午前11時の先物3月限の終値は前日比2銭高の150円50銭。出来高は1兆974億円だった。10年債の利回りは前日比0.005%上昇の0.070%、20年債は同0.005%低下の0.585%だった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)11時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。