冶金工が3年2カ月ぶり高値圏走る、来期の利益急成長局面を先取りする動き

みんなの株式 2018年01月12日(金)14時22分配信

 日本冶金工業<5480>が続伸、年初から一気に水準を切り上げ3年2カ月ぶりの高値圏を走る展開。  ステンレス専業メーカーで、ニッケル精錬から圧延まで一貫した生産体制を確立させている。同社しか生産できない高機能製品への注力によりマージン向上に努めている。在庫評価も改善しており、9月下旬に火災事故から復旧した川崎製造所がフル操業体制にあることから、会社側の18年3月期業績見通しは保守的とみられている。市場では「経常利益で29億円前後(会社側計画23億円)、さらに来期は64億円前後と倍増が予想される」(国内中堅証券)という見方もでている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)14時22分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。