ファーストリテが昨年来高値更新、第1四半期は営業利益28%増で着地

みんなの株式 2018年01月12日(金)09時18分配信

 ファーストリテイリング<9983>が買われ、昨年来高値を更新している。11日の取引終了後に発表した第1四半期(17年9~11月)連結決算が、売上高6170億2600万円(前年同期比16.7%増)、営業利益1139億100万円(同28.6%増)、純利益785億4000万円(同12.7%増)となり、「計画を上回る増収増益」(会社側)になったことが好感されている。  国内ユニクロ事業の既存店売上高が前年同期比8.4%増となり、通期計画の1.9%増を大きく上回ったことが業績を牽引した。また、海外ユニクロ事業で、防寒衣料の販売が好調だった中国大陸や韓国が大幅な増益となったほか、赤字が続いていた米国が営業黒字に転じたことなども利益を押し上げた。なお、海外ユニクロ事業の売上高は2582億円(前年同期比31.4%増)となり、国内ユニクロ事業の2570億円(同7.6%増)を第1四半期として初めて上回った。  なお、18年8月期通期業績予想は、売上高2兆500億円(前期比10.1%増)、営業利益2000億円(同13.4%増)、純利益1200億円(同0.6%増)の従来見通しを据え置いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)09時18分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。