ナノキャリア反発後に値を消す、東証が13日から信用取引に関する臨時措置を解除

みんなの株式 2018年02月13日(火)09時49分配信
 ナノキャリア<4571>は寄り付きに反発してスタートしたものの、買い一巡後は値を消し、前週末比マイナス圏での推移となっている。東証が9日、13日売買分から信用取引に関する臨時措置を解除すると発表した。日証金<8511>も同日から、貸借取引自己取引分および非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の銘柄別増担保金徴収措置を解除すると発表している。  信用取引の規制解除に伴って、売買の自由度が回復するとの見方から朝方買い優勢でスタートしたものの、その後は売りに押されている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)09時49分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。