ソルガムHDがS安、第3四半期決算報告書を期間内に提出できないと発表

みんなの株式 2018年02月13日(火)11時17分配信
 ソルガム・ジャパン・ホールディングス<6636>がストップ安の129円まで売られている。前週末9日の取引終了後、18年3期第3四半期累計(17年4~12月)決算報告書を、金融商品取引法が定める期間である2月14日までに提出できる見込みがないと発表しており、これが嫌気されている。  契約先の会計監査人であるフロンティア<8964>監査法人との間で投資の評価、のれんの減損に関する会計処理、さらに債権の回収可能性に関して見解の相違が生じ、相互理解には至らず、監査契約の継続を解除したことが要因という。また、同様の理由で決算短信の発表も行えないとしている。  なお、これを受けて東京証券取引所では、9日付で同社株を監理銘柄(確認中)に指定している。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)11時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。