日本電子はS高、理科学・計測機器事業が伸び第3四半期営業損益は黒字着地

みんなの株式 2018年02月13日(火)10時05分配信

 日本電子<6951>がストップ高まで買われ、昨年来高値を更新した。同社は9日取引終了後に、18年3月期第3四半期累計(17年4~12月)の連結決算を発表。営業損益が4億8900万円の黒字(前年同期は10億1500万円の赤字)となったことが買い手掛かりとなっているようだ。  売上高は678億1700万円(前年同期比3.2%増)で着地。電子顕微鏡や上期に投入した新製品の好調さを背景に、主力の理科学・計測機器事業の売上高が448億3400万円(同4.3%増)と伸びたことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)10時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。