高田機工は大幅高で3日続伸し昨年来高値に肉薄、手持ち工事の順調な進捗を評価

みんなの株式 2018年02月13日(火)13時35分配信
 関西地盤の中堅橋梁・鉄骨メーカー、高田機工<5923>の株価は一時、前週末比260円高の4470円まで買い進まれ、大幅高で3日続伸となっている。1月30日につけた昨年来高値の4480円に肉薄してきた。依然として、PER10倍台、PBR0.5倍台と株価指標面では割安水準にある。  同社は1月26日、18年3月期通期の単体業績予想の上方修正を発表した。売上高を170億円から185億円(前期比18.9%増)へ、経常利益を6億8000万円から10億円(同69.8%増)へ、最終利益を6億円から9億3000万円(同90.2%増)へそれぞれ増額した。  売上高は、手持ち工事が順調に進捗したことで、予想を上回る見込み。損益面では、売上高の増加に加え、第3四半期に竣工した工事の設計変更による増額が寄与し経常利益は予想を大きく上回る見込みとなった。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
みんなの株式
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)13時35分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。