【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ いま狙うべきは鋼材・資源・エネルギー関連株

株探ニュース 2017年08月13日(日)09時30分配信
「いま狙うべきは鋼材・資源・エネルギー関連株」 ●市場は北朝鮮“口撃”に過剰反応  東京市場は強いのか、弱いのか。最近こんなご質問をよく受ける。その背景にはもちろん日経平均株価<.N225>の弱々しい限りの動きがある。2万円の大台に乗っても一瞬。しかも、ここ数日は2万円から下に放れてしまいかねないような展開だ。  これを見ると「強いのか、強いのか」ではなく、「弱いですね。大丈夫でしょうか」となるのが当然とさえいえる。  NYダウ平均、NASDAQともに過去最高値水準を保ち続けていることを考えると、日米市場のあまりの格差に悄然とするばかりだ。  国内企業の収益は伸び続けていて、経済には特に大きな問題はない。一方、安倍政権に対する信頼は低下したままで、誰もがもはや本格回復はあり得ないと見ているものの、これはすでに株価に織り込まれていると考えてよい。問題は北朝鮮リスクであり、残念ながら東京市場はこれに弱い。北朝鮮の想定攻撃対象が日米なのだから、市場が恐れるのもある程度理解できるが、正直過敏すぎる。  北朝鮮の想定攻撃宣言は、実際は巧妙に考慮された「口撃」だ。グアムの近海にミサイルを打ち込む場合、それは日本の島根、広島、高知の上空を通過するとの添え書きさえ付けている。これは日本政府や日本国民の反応、それも過剰反応を十分計算した上でのことと考えてよい。  それはそれなりの効果を上げていることになるが、株式市場はクレバーな世界。一時的には間違った反応をすることがあるが、基本的には正しい判断を下すため、北朝鮮の想定攻撃計画が「口撃」に過ぎないことに気づくと見てよい。  攻撃目標だけでなく、ミサイルの飛行距離、時間、通過地点などそれらしいデータを書き並べることも、単にリアリティを持たせているに過ぎないと。  であるなら、早ければ週明けに早速回復に転じることもあり得るが、10日のNYダウ204ドル安、ドル円も108円台に下落では日経平均株価<.N225>は上がりにくい。 ●週前半には市場反転も  それでもいつまでも下げ続けはしないので、週の前半には回復に転じることを想定して投資したい局面だ。投資対象としてふさわしいのは、次のような銘柄になる。  まずは中国経済が堅調に推移していることを考えると鋼材・資源・エネルギー関連株の中から新日鉄住金<5401> だ。建設、車向け鋼材需要が堅調に推移している上に、油井管も回復基調となっている。これらが株価をゆっくり持ち上げることに。  鉄鋼メーカーの業績が上向くと、その周辺ビジネスを手掛ける会社も恩恵を受けるため、黒崎播磨<5352> が魅力的だ。耐火レンガ首位であり、新日鉄住金向けが5割を占めるため、株も浮上が近いと見る。  資源そのものではないが、黄銅棒や黄銅線に強いCKサンエツ<5757> [東証2]も高値圏ながら、需要増が続いているため、株も期待が持てる。  アルミや伸銅、ステンレスなどの仕入れ、加工に強い白銅<7637> も10日は高値から急反落したので、ここから狙いどころになる。  他分野にも目を向けておくと、同業の日本M&Aセンター<2127> が新値更新を続けているのに、完全に取り残された格好になっているM&Aキャピタルパートナーズ<6080> がある。某大手証券による投資判断引き下げが響いている格好ながら、今後次第に見直される可能性が高い。  以上をまとめると、ここでは北朝鮮リスクで急反落している状況を活かし、中国経済の堅調成長を踏まえて鋼材、資源・エネルギー関連株に投資しておこう、ということになる。 2017年8月11日 記 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月13日(日)09時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】