旭ダイヤ、今期経常を一転9%増益に上方修正、配当も3円増額

株探ニュース 2017年09月15日(金)15時00分配信
 旭ダイヤモンド工業<6140> が9月15日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の19.1億円→32.2億円(前期は29.4億円)に68.6%上方修正し、一転して9.3%増益見通しとなった。  同時に、4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想の13.5億円→19億円(前年同期は13.6億円)に40.7%上方修正し、一転して39.6%増益見通しとなった。  業績好調に伴い、今期の上期配当を従来計画の3円→6円(前年同期は10円)に大幅増額し、年間配当は13円になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  当第2四半期累計期間の連結売上高は、引続き各業界向け工具とも順調に推移し、各利益も前回発表予想を上回る見込みであることから、上記のとおり業績予想を上方修正することといたしました。また第3四半期以降におきましても、業績は堅調な見通しであり、前回発表予想を上回る見込みであることから、通期業績予想も上方修正することといたしました。  上記の業績予想の修正のとおり、当事業年度は当期純利益が期初予想に比べて増加する見通しのため、平成29年5月16日に公表した平成30年3月期の1株当たり配当予想(第2四半期末及び年間配当金)を修正することといたしました。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。