トライアイズ、今期経常を一転赤字に下方修正、配当は3円増額

株探ニュース 2017年09月15日(金)16時00分配信
 トライアイズ<4840> [JQG] が9月15日大引け後(16:00)に業績・配当修正を発表。17年12月期の連結経常損益を従来予想の1億円の黒字→9400万円の赤字(前期は4億4700万円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。ただ、通期の連結最終損益は従来予想の2000万円の黒字→1億1700万円の黒字(前期は4億9400万円の赤字)に5.9倍上方修正した。  会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常損益も従来予想の1100万円の黒字→1億8300万円の赤字(前年同期は2億3500万円の赤字)に減額し、一転して赤字計算になる。  同時に、期末一括配当を従来計画の12円→15円(前期は12円)に増額修正した。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】   建設コンサルタント事業において、当期受注案件に対応する人員体制の整備が遅れ、当期計上予定案件が翌期にずれ込む見込みとなったことに加え、ファッションブランド事業において専門店・百貨店向け売上が当初予想を下回る見込みとなりました。また、連結子会社の本社移転準備に伴う諸費用の発生等により販売費及び一般管理費が当初予想を上回る見込みとなりました。そのため、売上高が前回予想を下回るほか、営業利益及び経常利益については営業損失及び経常損失となる見込みです。 また、連結子会社である株式会社クレアリアにおいて固定資産譲渡手続が完了し、固定資産売却益247百万円を特別利益として計上したことに伴い、親会社株主に帰属する当期純利益が前回予想を上回る見込みです。   当社は、純粋持株会社制へ移行し、「株式会社トライアイズ<4840>」へ商号変更後10周年を迎えました。これもひとえに株主の皆様をはじめ、関係各位の長年にわたるご支援の賜物と心より感謝申し上げます。  つきましては、株主の皆様のご支援に感謝の意を表するため、平成29年12月期の期末配当において、1株当たり3円の記念配当を実施することといたしました。  その結果、平成29年12月期の1株当たりの期末配当を、普通配当12円に記念配当3円を加え15円へ修正いたします。なお、本件につきましては、平成30年3月の定時株主総会に付議する予定であります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。