パーク24、今期経常を一転5%減益に下方修正

株探ニュース 2017年09月15日(金)16時00分配信
 パーク24<4666> が9月15日大引け後(16:00)に業績修正を発表。17年10月期の連結経常利益を従来予想の240億円→200億円(前期は211億円)に16.7%下方修正し、一転して5.5%減益見通しとなった。  会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した5-10月期(下期)の連結経常利益も従来予想の154億円→114億円(前年同期は118億円)に25.9%減額し、一転して3.3%減益計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  駐車場およびモビリティの各事業において、前期を上回る駐車場の新規開発やカーシェアリング車両の新規設置を行い、事業の基盤となるサービス規模を着実に拡大させている一方、新規に開発・設置した駐車場や車両の収益化が想定より遅れていることや、2017年8月に完了した英国で駐車場事業を展開するNational Car Parksの連結子会社化に関わる一時費用の発生等により、平成29年10月期の業績は前回予想数値を下回る見込みです。通期見通しにつきましては、駐車場事業における周辺環境の変化に応じたきめ細やかな運営施策の実施や、カーシェアリングサービスにおける継続的な車両配備および会員属性に応じた利用向上施策の実施により、収益改善を図ってまいりますが、景気の先行きにつきましては依然として不透明な要素が多いため、現時点での事業動向が続くことを前提に、上記のとおり修正いたします。(注)上記の業績予想につきましては、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後、様々な要因によって異なる結果となる可能性があります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。