明豊エンタが急反騰、今期経常は3.7倍増益、10期ぶり5円で復配へ

株探ニュース 2017年09月15日(金)09時17分配信
 14日、明豊エンタープライズ<8927> [JQ]が決算を発表。17年7月期の連結経常利益は前の期比32.0%増の5.3億円に伸び、従来予想の4.4億円を上回って着地。続く18年7月期も前期比3.7倍の20億円に急拡大する見通しとなったことが買い材料視された。  前期は予定していた物件販売が後ずれとなり、売上は計画を下回ったものの、付加価値の高い賃貸アパート「ミハス」の売却が進んだうえ、販管費を抑制したことで経常利益は上振れして着地した。今期は賃貸アパート「ミハス」の引き渡し件数が大きく伸びるほか、中古マンション再販物件の売却なども寄与し、2.0倍の大幅増収を見込む。  業績好調に伴い、今期の年間配当は5円で、10期ぶりに復配する方針としたことも買いに拍車を掛けた。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。