ウォンテッドの初値5010円、公開価格を5倍上回る

株探ニュース 2017年09月15日(金)13時58分配信
 15日、上場2日目のウォンテッドリー<3991> [東証M]が公開価格1000円を5倍上回る5010円で初値を付けた。  同社はビジネス交流サイト(SNS)「ウォンテッドリー<3991>」を通じ、求職者と企業とのマッチングや名刺管理アプリなど各種サービスを手掛ける。公募5万株、売り出し8万株のほか、オーバーアロットメントによる追加売り出し1万9500株を実施した。  調達資金は本社オフィス増床時の内装費に充てる。主幹事は大和証券。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)13時58分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。