東証2部(大引け)=2部指数は3日ぶり反落、カワタ、三社電機が売られる

株探ニュース 2017年10月11日(水)15時02分配信
 11日大引けの東証2部指数は前日比15.22ポイント安の6803.16ポイントと3日ぶり反落。値上がり銘柄数は193、値下がり銘柄数は258となった。  個別ではプロスペクト<3528>JEUGIA<9826>が年初来安値を更新。カワタ<6292>三社電機製作所<6882>メタルアート<5644>大興電子通信<8023>技研興業<9764>は値下がり率上位に売られた。  一方、イーグランド<3294>がストップ高。桧家ホールディングス<1413>三井住建道路<1776>E・Jホールディングス<2153>ヴィンクス<3784>eBASE<3835>など24銘柄は年初来高値を更新。玉井商船<9127>ツインバード工業<6897>タカトリ<6338>神島化学工業<4026>アウンコンサルティング<2459>は値上がり率上位に買われた。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)15時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。