文教堂GHD、前期最終を52%下方修正

株探ニュース 2017年10月12日(木)15時30分配信
 文教堂グループホールディングス<9978> [JQ] が10月12日大引け後(15:30)に業績修正を発表。17年8月期の連結最終損益を従来予想の5000万円の黒字→2400万円の黒字(前の期は3億3100万円の赤字)に52.0%下方修正した。  会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結最終損益も従来予想の6100万円の黒字→3500万円の黒字(前年同期は3億6700万円の赤字)に42.6%減額した計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】   売上高につきましてはほぼ計画通りに推移したものの、スマートフォンなどの携帯端末で閲覧できる無料電子版の配信などの影響により、主にコミックの売上が低迷し、若干計画を下回りました。 営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、店舗運営の効率化による経費削減に努めたものの、売上高の減少により売上総利益が約21百万円減少したことによるものであります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)15時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。