松竹、上期経常を一転20%増益に上方修正

株探ニュース 2017年10月12日(木)17時00分配信
 松竹<9601> が10月12日大引け後(17:00)に業績修正を発表。18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想の33.1億円→44.4億円(前年同期は37.1億円)に34.1%上方修正し、一転して19.5%増益見通しとなった。  なお、通期の経常利益は従来予想の45.4億円(前期は66.2億円)を据え置いた。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  第2四半期連結累計期間につきましては、映像関連事業においては、映画興行において当初の想定以上の成績を挙げた作品が多かったこと、また演劇事業においても歌舞伎<9661>を中心に当初の想定以上の成績を挙げたことなどから、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益において、前回発表した予想数値を上回る見込みとなりました。なお、通期の業績予想につきましては、映像関連事業においては、当社製作配給作品「曇天に笑う」の公開が春休みに合わせて来期に変更となったこと、映画興行においても大作・人気作品の続編等の公開が来期に変更となったことなどから、平成29年4月14日に公表した業績予想に変更はございません。(注)上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、多分に不確定な要素を含んでおります。実際の業績は今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。