東天紅が大幅反落、上期経常を赤字拡大に下方修正

株探ニュース 2017年10月12日(木)10時13分配信
 11日、東天紅<8181> が18年2月期上期(3-8月)の経常損益(非連結)を従来予想の1億円の赤字→1.3億円の赤字に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなったことが売り材料視された。  天候不順の影響で売上高が当初予想を下回ったことが響いた。同社は上野動物園でのパンダの赤ちゃん誕生による店舗売上の増加が期待されていただけに業績悪化を懸念する売りが向かった。 株探ニュース
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)10時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。