アグレ都市、上期経常を一転16%増益に上方修正

株探ニュース 2017年10月13日(金)15時00分配信
 アグレ都市デザイン<3467> [東証2] が10月13日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の1.4億円→2.2億円(前年同期は1.9億円)に56.3%上方修正し、一転して16.2%増益見通しとなった。  なお、通期の経常利益は従来予想の6.5億円(前期は6.1億円)を据え置いた。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】  売上高につきましては、平成29年5月8日の「平成29年3月期決算短信」で公表いたしました業績予想を若干上回る水準での着地を見込んでおります。利益面につきましては、売上高の増加に伴い売上総利益が増加する一方、販売費及び一般管理費がほぼ当初予想どおりに着地する見込みであること、また、金融コスト削減効果により営業外費用が当初予想を下回る水準で着地する見込みであることから、営業利益、経常利益、四半期純利益がいずれも当初予想を上回る見通しとなりました。通期業績予想につきましては、第3四半期以降に発売する戸建住宅の販売の進捗を見極める必要があることから、平成29年5月8日公表の業績予想を据え置くことといたします。なお、今後の業績動向により修正が必要となる場合には、速やかに開示いたします。(注)上記の業績予想につきましては、現時点で入手可能な情報に基づき算出したものであり、実際の業績は今後の様々な要因によって予想数値が異なる可能性があります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。