ピックルス、今期経常を3%上方修正・最高益予想を上乗せ

株探ニュース 2017年10月13日(金)15時30分配信
 ピックルスコーポレーション<2925> [東証2] が10月13日大引け後(15:30)に業績修正を発表。18年2月期の連結経常利益を従来予想の14.5億円→14.9億円(前期は8.6億円)に2.7%上方修正し、増益率が67.4%増→71.9%増に拡大し、従来の3期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。  会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した9-2月期(下期)の連結経常損益も従来予想の5.1億円の黒字→5.5億円の黒字(前年同期は0.6億円の赤字)に7.5%増額した計算になる。 株探ニュース 会社側からの【修正の理由】    当社は、全国に製品を供給できる体制を構築しておりますが、さらなる生産体制の強化を図るため食品会社の株式取得(以下「本件」という)を予定しております。本件による業績への影響額については軽微基準に該当する範囲ではありますが、その影響額及び第2四半期までの業績動向などを考慮して、通期の連結業績予想を修正いたします。なお、本件の相手先の企業情報については、秘密保持契約を締結しているため、開示は控えさせていただきます。※上記の業績予想につきましては、本資料発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後の様々な要因によって異なる可能性があります。

PDFをダウンロード
株探ニュース
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)15時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。